私のアンテナ

木とガラスと植物と つくる事 描く事 美味しいもの 楽しいもの そんな色々My favorite things

吹きガラス

ピンブロー修行 2 -巨匠「 船木 倭帆」に憧れて

投稿日:2017年7月8日 更新日:

今日は吹きガラス教室。
ロンデルグラス、使えそうなのがやっとできました!!!
一枚だけですけど(笑
せっかくなので、外で写真とって見たよ!!!

向こうに見える、歪んだ景色〜♡
いいでしょ〜。これがびっしりはまった窓とか作れたらいいな〜。
あ〜、晴れてたらよかったのにね〜


色はこっちの方が実物にちかい

で、いつもの感じでトレース台にものっけて撮影。
左のがうまくいったやつです。
これが恒常的に作れたらいいのだけど・・・
いまのところ、博打ですわ、博打!

さて、タイトルの「巨匠 「船木 倭帆」に憧れて」ですが。
ほんとにね。怒られまっせ。
船木倭帆さんは故人ですが、日本の吹きガラスの第一人者で、頂点の作家で職人さんです。

お父さんが民藝の運動をされていた方なので、家系的にも筋金入りですね。
(島根圏布志名焼の窯元、舩木道忠の息子として生まれ、その実家には柳宗悦をはじめ、濱田庄司、河井寬次郎、芹沢銈介、棟方志功など民藝運動の中心的メンバーが訪れ、バーナード・リーチも約1ヶ月滞在して制作していたそうです)

↓こちらをクリックしたら、作品が色々みれます。
船木 倭帆 画像検索

百貨店で販売会を開催したら、すぐに売り切れるような人気の方でありました。今でもコレクターがたくさんおられるようです。
ゴブレットやワイングラス、その他様々な食器などの作品を多く作られていましたが、晩年になってからロンデルグラスも作られてたようです。下記のブログのキャプチャがそうです。

で、これを見てしまったがために、吹きガラスを習いにいったようなもんです。

なんて美しいんでしょうか・・・

 


↑これはキャプチャなので、下記のブログを是非ごらんください。

美しいロンデルたち

 

まあ、こんなのを作ってみたかったんですが。。。
全然違いますね〜(笑
ケイムにきっちりと美しく嵌められてるし余計に美しいですねえ。

うううう。。。作り方がどうも違う気がします。
この写真を見せて、先生にもう一度聞いてみようかな。
でも、今の作り方が割と性に合ってるので、このままでもいいかもしれないけど。

透明ガラスと、色ガラスの境目がくっきりしてるのは、やはり手順が違うんやろうなあ・・・どうやるのか。全然想像つかへんなあ。。。

 

-吹きガラス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家具に使えるガラスのツマミ

昨日は、今年最後の吹きガラス教室でした。 吹きガラスを習ってる命題としては、ロンデルグラスの作成です。 ロンデルグラスでパネルを作って、家具にはめ込みたかったのです。 すべては、木工作品に使えるガラス …

今年のガラス吹き始め

大寒波の中、今年初めての吹きガラスの教室にいってきました。 ガラスの工房の中は、めちゃくちゃ暖かいです。 夏ほどではありませんが、汗がぽたぽた・・ (夏は全身ずぶぬれになります。汗で。ひどい) この写 …

まん丸ガラス

今日は吹きガラス教室でした。 ロンデルグラスのうまくいかなさ、、がもちろん前提にあるのですが、自分が好きなデザインの板ガラスならフュージングで出来るよなあ、、とも思い始めて、モチベーションが下がってき …

ロンデルグラス

ちょっとブログの更新の間が随分あいてしました。 そして吹きガラスの投稿も久しぶりですね〜。 どうなってるのか?と思ってくれてる人もいるかもしれません。いないかもしれません。いないと思います。 カリキュ …

ぶ厚く!!! 吹きガラス&ピンブロー修行

ロンデルグラスにこだわるあまり「薄く」を意識してたのですが、ロンデルグラスの場合は、物理的にケイムに嵌らないから薄く・・・といった事情があっただけでした。 せっかくの吹きガラスなんだから、大量生産品に …

Profile


●nae/女性
●大阪市在住
●商業デザイナー兼工房「木とガラスのlabo」主催
●猫がいます

リーマンデザイナーをしながら木工とガラス工芸の融合を目指す工房「木とガラスのlabo」を主催。
2016年「2級家具技能士」資格取得。
木工、吹きガラス、ステンドグラス等の「つくる事」を軸に、それに纏わるいろんな事、楽しい心ときめく事を「私のアンテナ」がぴぴっと来たことナンデモ発信していきます。

木工は技術と知識の向上に大阪市住之江区にある木工教室ウッドロードで習ってます。全力でこの教室をおすすめしたいので、そういう記事が多めかも・・・